川崎駅ビルにある眼科 白内障・網膜剥離 治療 森村眼科クリニック


川崎駅ビルにある眼科 白内障・網膜剥離 治療 森村眼科クリニック
川崎駅ビルにある眼科 白内障・網膜剥離 治療 森村眼科クリニック
診療内容
当院の特色
院長から皆さまへ
アクセス・診療時間
川崎駅ビルにある眼科 白内障・網膜剥離 治療 森村眼科クリニック
眼科の病気
眼科の症状
川崎駅ビルにある眼科 白内障・網膜剥離 治療 森村眼科クリニック
お問い合わせ
川崎駅ビルにある眼科 白内障・網膜剥離 休日診療 森村眼科クリニック

眼科の病気についてなるべくわかりやすく解説していくつもりです。
少しずつ増やしていけたらと思っています。内容に関するご意見や、この病気について知りたい!というご要望などありましたら、メールででもお寄せ下さい。
病 名 概 要
加齢黄斑変性 高齢者の病気です。目の中で光を感じる網膜の中心部(黄斑部)に異常がでてきます。

名前の通り年齢の高い方の病気です。(実際には五十代以後でみられます。以前は老人性黄斑変性症とよばれていました。)欧米では以前から成人の失明原因の上位で、大変多い病気でした。日本でも最近間違いなく増えています。
目の中で光を感じる網膜の、ものを見るとき中心になる部分を「黄斑部」といいますが、ここに異常が出るのが黄斑変性です。中心部分に見づらい所ができるため、進むと視力はかなり落ちますが、周りに正常な網膜が残るので、この病気だけで光まで失うことはありません。
大きく2種類あり、1つは萎縮型といって黄斑部を中心に網膜がしぼんだ状態になってしまうものです。[写真左:真中左の丸く色がぬけた所が黄斑部にあたり、この例では網膜が萎縮しています]この型では今のところ有効な治療法がありませんが、視力低下の進行はゆっくりです。
最近増加し、急激に見えなくなったりするので問題になっているのがもう1つの型で(滲出型といいます)、黄斑部付近の網膜の下に新生血管とよばれるタチの悪い血管が生えてくるものです。この血管が、水分など血液の成分を漏らしやすかったり、破れやすかったりするので、出血をおこしたり、網膜の下に水がたまったりして、視力低下の原因となります。[写真中:黄斑部に大きな新生血管の膜があって、ここから広い範囲に網膜の下に広がる出血をおこしています]何年もたってたいていこれらの新生血管や出血などはかさぶた状の瘢痕になり、視力も落ちたまま固まってしまいます。[写真右]
この型については、少しでもいい視力を残そうと様々な治療法が行われています。手術(色々な術式があります)、レーザーで新生血管を焼きつぶす方法、注射で眼の後ろに薬を入れる方法、レーザーを用いた温熱療法(新生血管を一定の温度まで暖める)、光に感受性の強い薬剤を新生血管にとりこませてレーザーをあて、新生血管にダメージを与える方法(光線力学療法)等々。それぞれの治療法に特徴があり、眼の状態でどれを選択するかを決めることになりますが、これについてはこの病気の治療経験が多い医師に相談することをおすすめします。
また、この病気の危険が高い人について、特定のサプリメント(ビタミン・ミネラル)をとることで病気の進行がある程度遅くなるとの結果がアメリカの大規模な臨床試験で出ています。いくつか条件がありますが、あてはまる方は参考にするといいと思います。

川崎駅ビル内 森村眼科クリニック